朗読に耳を澄ます

テレビを始めとして様々な媒体の動画全盛の世の中で、敢えて朗読やラジオドラマに静かに耳を傾けるというのは、贅沢な時間の使い方と言えるでしょう。朗読がされているのは著作権が切れた有名作家の名作が多いです。声や聴きやすさなど、ご自身の感覚に合うナレーターを見つけて、珈琲や紅茶を片手にいかがでしょうか?
理由はよくわかりませんが、個人的には宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」は本を読むより朗読を聞く方がはるかに好きです。

枡太の朗読空間

あべよしみ 朗読の部屋

【公式】名作朗読チャンネル Bun-Gei

元NHKフリーアナウンサーしまえりこの絵本読み聞かせ

オーディオブックKILab

【公式】窪田等の世界

シャボン 朗読横丁

朗読カフェ

二宮隆の風の朗読

Baratology

mamezoの朗読

西村俊彦の朗読ノオト

低音朗読 by Simon

KVC朗読工房「内神田二丁目書店」

Rinoのおやすみラジオ

耳だけ映画館【朗読シアター】

登録者数10,000人を目指す朗読チャンネル

癒しの朗読屋

海渡みなみの朗読アラモード

AudioBookChannel【朗読オトボンチャンネル】

椎名さんのホンヨミ-朗読Channel-

『座』ちゃんねる

朗読ファン<物語大好き>

不思議猫招堂

STUDIO GIORNI スタジオジョルニ

ニシムラタツヤの「朗読濃尾」

聴いてみよう江戸川乱歩

おわりに ~朗読を聴くメリットについて~

改めて素晴らしい朗読チャンネルの多さに驚かされます。本来はもっと絞り込みたかったのですが、人によって好みがかなり分かれると考えたので、あえてそういうことは特にしませんでした。あらゆる作品が取り上げられており、いくらでも時がたつのを忘れて耳を傾けることができます。これでテレビを見る時間はほぼなくなるか?(笑)

物語を読むのと聴くのとでは、明らかに使われる脳の部位が違うと感じる方は多いのではないでしょうか?実際に意識をして能動的に「聴く」ことで、脳が活性化をするといわれています。こちらの「オーディオブックの効用 能動的に聴くことで脳が活性化」(女性セブン)をご覧ください。聴覚は特に脳幹と密接なかかわりがあり、そして脳幹は呼吸や睡眠、血液循環など重要な機能も担うということ。したがって、聴くことで体全体を整え、それがまた記憶・集中・理解・発想などの能力も高めてくれるというのは注目に値するお話です。
さらに『きこ書房』の記事によると、速聴が脳の前頭前野を活性化し、また大脳にあるウェルニッケ中枢が刺激されることにより、頭の回転が速くなることも期待できるとのことです。
ユーチューブでは2倍速にまでできますので、気にいった方の好きな作品で
試してみたいでね。

我々は小さいときから普通、本は目で読むという教育を受け続けてそだちます。しかし「聴く」ことがもっと評価されるべきなようです。
ユーチューブで朗読に親しんでから、いろいろとでているオーディオブックのサービスを利用してみるのもいいかもしれません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました