おすすめ栄養チャンネル

食生活、栄養面から健康に良い情報を発信されているユーチューバーを紹介します。ここでは腸についてそれぞれの先生がお話されている動画を載せました。なぜなら人間の心身の健康にとって腸をいい状態に保つことが極めて重要であるからです。

カラダヨロコ部・管理栄養士まるお

栄養士の中で数%しかいない男性管理栄養士である、圓尾和紀(まるおかずき)先生が運営するチャンネルです。様々な食品のこと、農薬問題、ファスティング、腸内細菌、筋トレのことなど有益な情報が満載。病院に勤務されていた時の話や独立してフリーで働き始めたきっかけや苦労した話もあるので、働き方について関心のある方にもおすすめのチャンネルです。

栄養チャンネル Nobunaga

概要の説明によると「栄養を軸にして体質や症状の改善、そしてダイエットや慢性疾患の予防などに役立つ健康情報をお届けします。」とのことです。Nobunagaさんはコミディアという会社の代表取締役をされています。主に九州の有機野菜・オーガニック野菜・低農薬野菜などの直販事業・卸売事業を行っているそうです。また、臨床分子栄養医学研究会で講師もされています。
大量に動画が投稿されているので、いくらでも栄養と食品について学ぶことができます。

体質改善を終わらせる方法。

自己紹介によると、分子栄養学認定カウンセラーで鍼灸師の中村ひろき先生が運営。24年間苦しんだ鼻炎を4日間断食し、3年間再発ナシ。『「自分のカラダは自分にしか治せない」をモットーに、 薬と病院に媚びないカラダづくりをお手伝いします。』とのことです。
ご自身が鼻炎を克服された経験が土台になっているのですね。
様々な心身の症状に苦しむ方に向けて、栄養面を通して体質の改善を行う健康情報を発信されており、『体質改善プログラム MUI 』も主催されているそうです。

漢方養生指導士ロン毛メガネ

概要欄の説明では、大阪在住の香港人で、国際中医専門員として香港の中医学、東洋医学と日本の漢方を融合して生活習慣や食習慣のアドバイスされているとのことです。大体約5分から10分までの動画が多い。西洋医学とは違う視点からのお話は、かなり奥が深い印象を受けます。慢性的な体の問題に対して、どのようにアプローチすればよいか非常に参考になります。

Dr Ishiguro

現役の外科医師で大腸の専門医である石黒成治先生のチャンネル。食生活、栄養のことだけではなく、健康に関するあらゆる情報を発信されています。やはり現役のお医者さんのお話だけに説得力があります。
個人的に興味深かったのが、「筋トレの時のドーピングはプロテインではなく・・・」です。がんの予防には筋肉をつけることが有効であるということと、そのために特に年齢を重ねた方は、コラーゲンを摂ることがよいそうです。
プロテインを飲めばよいと単純に思って、筋トレの後はプロテインを飲んでいましたが全然、効果がなく挫折(がっかり!)してしまいましたので、大変に貴重なお話でした。

予防のための栄養学入門

講師は神代知明(くましろ ともあき)先生。概要欄によると40歳で脱サラをし、ご自身のライフスタイルや食事を省みて、予防医学の世界に入られたとのことです。あらゆる病気は必要な栄養素を必要な量だけ摂れば予防可能との考えのもとに各地で講座を開催されてこられたようです。
字幕や図を多用して、わかりやすく説明されています。2012年に沖縄に移住とのこと。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました